New Brands(CASEY CASEY)

AW23から新たにCASEY CASEYの取り扱いが始まります。

お店のバイイングで、お客様に新しい提案ができるものがないかといつも考えてます。通常のセレクトショップであれば、ブランドが毎シーズン入れ替わり、新しいブランドの提案がお店の魅力につながったりすると思います。ただ、style department_ではブランドの取り扱いは最低限にして、バイイングをしているブランドのバリエーションを増やしたいという思いと、自分が考えるお店のブランドのポジションを考慮すると、簡単には買いますとはなりません。2023年1月にパリに訪問した時に以前から好きだったCASEY CASEYを取り扱うことを決めました。

 

イギリス人デザイナーの Gareth Casey(ギャレス・ケイシー)がフランスで設立した CASEY CASEY(ケイシー ケイシー)は、服の背景にあるアトリエの技術とのつながりを再認識させてくれます。カジュアルなジャケットから贅沢なカシミアニットまで、すべてのアイテムにハンドメイドのクラフトマンシップが息づいています。厳選されたファブリックを用いて、流行に左右されないリラックスしたミニマルなスタイルを提供します。

CASEY CASEYは10年以上、着続けてきたとても愛着のあるブランドです。CASEY CASEYでしか出せない素材や色が特に特徴で、大きく変わりすぎない良さがあって、何年前の商品も今でも着続けれるアイテムが多いです。値段は安くないですが、長く着続けられるので、お客様にはお勧めしたいブランドです。

変わらない良さを追求していると感じるCASEY CASEYでもシーズンことに素材やスタイルはアップデートされていているところも好きです。

AW23では好きなアイテムが多すぎで、全部くださいと言いたいくらいのラインナップでした。

特におすすめの商品がこちらとなります。

YAK COAT - MILITAIRE / 21HM173

YAKにPOLYESTERやNYRONをブレンドした生地は重量感があり、オーバーサイズのデザインととてもあっています。これを着るだけで、主役になるコートです。素材も簡単に傷むような素材ではないので、飽きも来ずに、ずっと長く着続けるとが出来ると思いますので、とてもおすすめです。

 DOUBLEDYED HIGA TRAVAIL JACKET - TOUGH / 21HV320

ダブル染色とウォッシュ加工を施したタフコットンのジャケット。

ドロップドショルダー。カバーオールのようなデザインに加えて、背面にボタン開閉のパッチポケットがついてるのも特徴です。
秋や春にとても重宝するジャケットです。シンプルですが、ダブル染色とウォッシュ加工を施したタフコットンは素材にキャラクターがあるので、このくらいのシンプルさがとてもマッチしていると思います。

BIG RACCOOURCIE SHIRT - COT/ 21HC323

ONE SIZE SHIRTと比べるとそこまでオーバーサイズではなく、縦長のシルエットがとても魅力があります。飽きの来ない素材、シルエットはCASEY CASEYの代名詞ともいえるシャツだと思って、バイイングをしています。

 

是非、この機会に見にいらしてください。

ご来店お待ちしております。ONLINE STOREでのご購入をお考えのお客様はご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

102 Granduo Kamiyamacho 7-12 Kamiyamacho Shibuyaku Tokyo 150-0047

style department_

T 03-6804-9078

Mon - Fri, 13pm - 8pm

Saturday, 12pm - 8pm

Sunday, 12pm - 7pm

×