Corgi COTTON WOOL RIB (style department_ exclusive)

¥4,290

AW21もcorgi socks (style department_ exclusive)を作りました。

今回は初めてWOOLのソックスを作りました。corgiの定番と比べると7CM短くしました。短い分、キャラクターを出すために、3×1RIBではなく5×1RIBにすることで少しカジュアルな印象に。配色は、あえてトップの中間部分にしたソックスです。

スニーカーを履いた時にゴワゴワするソックスではなく、ドレスシューズまでいける肉感のソックスは冬のアクセントになる商品です。今回は配色も特徴ですが、ボディーカラーも新鮮に仕上がりました。

SIZE  9(23-25CM)

           10 1/2(25-28CM)

 

<corgi>

コーギーホジエリー社は1893年に英国サウス・ウェールズで創業したニットメーカーです。創業当時のウェールズ地方は炭鉱が主な産業であり、そこで働く労働者たちに暖かいロングソックスを穿かせたいという思いからハンドメイドの靴下の製造を開始しました。その後、アーガイル模様の靴下が米国人バイヤーの目に留まったことから世界へ広がりはじめ、ソックスメーカーとして高い評価を得て、1960年からは、ハンドフレームによるインターシャのニットウェアの生産を開始し、後にカシミア素材も加わり、パリの高級メゾンにも認められるようになりました。
そして1988年にはプリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)が10年間に及びニットウェアとソックスを愛用した実績によりロイヤル・ワラント(王室御用達認定証)を認めました。

コーギーホジエリー社の靴下は、21世紀になっても、ずっと昔ながらの手作りにこだわっています。ほとんどのメーカーが機械により大量生産する中、コーギーホジエリー社は今でも職人による手作りにこだわっています。その確かな技術力で海外や日本の有名ブランドのニット工場としても数多く利用されています。