イタヤカエデ  板皿 S 

¥6,600

イタヤカエデの美しい木肌を鉄媒染により仕上げられた作品です。

鉄媒染とは錆びた鉄と酢、水を使用し木自体の成分タンニンと反応させ黒く発色させる技法ですが、染めで色を入れるのではなく木が持っているタンニン質を引き出すことでグレーッシュな落ち着いた色合いになっています。

シンプルな形ながら、木目や滑らかな質感を最大限に生かした佇まいが何よりの魅力です。

お料理を直接盛り付けていただいたり、折敷のようにもお使いいただくのもおススメです。

木だからと言ってあまり神経質にならず気軽にお使いいただけます。サラダやパスタなど、油分を含む料理などに使っていただくことが器のメンテナンスにもなります。使用後は少量の洗剤(中性洗剤)をスポンジにつけ、ぬるま湯で洗ってください。その後、水分をよく拭き取って乾燥させてからお片付けください。

キウイやパイナップル、酢などの酸性の食品、色の濃いソースなどを長時間に渡って使用した場合、色落ちやシミ、汚れが残る事がありますので、使用後はできるだけ早く汚れを拭き取ってスポンジ等で洗い流していただくようお願いいたします。

食洗器・食器乾燥機・漂白・オーブン・レンジ使用不可

サイズ

横幅 260mm 縦幅 160mm   高さ 11mm

※自然の木を使った手作りのため、木目の出方、色などに多少の差がございます。予めご了承下さい。
<内田悠>
 
北海道に拠点を置く木工作家。
端麗で手に取ってサラサラと撫でたくなるシルキーなさわり心地が特徴的。

イタヤカエデや栗など北海道の木材を主に使用し、様々な技法を使い独特な風合いを作品に取り入れてます。