今日のInstagram Liveでもポルトガルに行ってることを冒頭で少し話をしていたので、BLOGに記します。

なぜリスボンか?

私はヨーロッパを旅するのが好きで、パリに行くときは必ずどこかの国に寄りたいです。そうすると、ファッションの仕事をしているので、かっこいいお店やブランドがある都市に行くことが多いです。例えば、ベルリン、ブリュッセル、アントワープ、アムステルダムなどです。そういった都市は大好きで今回も候補に挙がっていたんですが、せっかく休暇に行くなら今回は癒されたり、ファッションのことを考えない街に行こうと計画しました。ヨーロッパに住んでいる人にリサーチした時に、それだったらリスボンだよという人がとても多かったです。リスボンの街は美しいし、ご飯もおいしいし、物価もパリよりは安いというのが魅力です。

私は飛行機は必ず事前に予約するんですが、HOTELは当日だと運よく安くなっていたり、2泊する場合、1泊だけ取って、ダメだったら違うホテルに行けばいいので合理的なんです。こんな感じでミラノ、パリでの仕事も忙しく、リスボンのことを調べないまま、降り立ちました。Instagramのストーリーズに挙げると、ヨーローッパに住んでいる、海外の方、日本人の方がおススメをたくさん送ってきてくれてとても助かりました。日本人もこういうことが出来る人はもちろんいますが、海外の人はさりげなく、たくさんの情報を教えてくれるので、とても嬉しかったです。

降り立ったリスボンは最高気温で15°なので、ジャケットで歩けるくらいです。そして美しい街並みにすぐに癒されます。

夜になっても、海沿いは美しいです。

食べ物は最高です。安いストリートフードから、少し値段はしますが創作料理まで、どれを食べてもおいしい。

 

ポルドガルと言えばパステル・デ・ナタ(エッグタルト)と美味しいスイーツがたくさんあります。

モダンなポルトガル料理を食べさせてくれるお店です。

こちらはリボンで行列の出来るピザ。

このストリートフードは最強でした。500円でこの美味しさはやばいです。パンに豚肉とチーズがのっているシンプルな食べ物ですが、美味しすぎました。

ポルトガルは雑貨が安くて、可愛いものが多いです。ここのお店でノートや石鹸、ハンドクリームなど様々な物を買いました。

2日間で癒されて、この後はロンドンへ移動です。

食べてばっかりのリスボンの旅でした。

102 Granduo Kamiyamacho 7-12 Kamiyamacho Shibuyaku Tokyo 150-0047

style department_

T 03-6804-9078

Mon - Fri, 13pm - 8pm

Saturday, 12pm - 8pm

Sunday, 12pm - 7pm

×